地域によってうどんに使うだしはそれぞれ

小麦粉を水でよく練り太い麺で人を虜にするうどんは、日本人が大好きな麺のひとつであり、もちもちでコシのある味わいは、何度でも食べたくなる食感です。日本各地に美味しいうどんがありますが、風味をより豊かにする秘訣はだしであり、地域によってこだわりの味わいや色、風味があります。関東の場合だとメインに使うのはかつお節であり、さらに煮干しや昆布も使いますが、これらはかつお節のサポート役です。どちらかというと関東風で仕上げるうどんは、味付けが濃いのが特徴的なので、みりんや醤油を入れてしっかりとした味わいがあります。つゆは濃い味がベースの関東とは正反対なのが関西で愛される味わいであり、味付けは薄口が基本です。使うだしは関東と同じように、かつお節も昆布も煮干しも使いますが、どれか一つが主役になるわけではありません。すべてのだしをしっかりと活かすので、醤油やみりんなどの調味料に頼り切ることがないです。讃岐の場合は関東と関西のように、かつお節も昆布なども使いますが、メインに使うのはイリコになります。